勝手に動画をダウンロードさせない方法

勝手に動画をダウンロードさせない方法
Pocket

定期的に発表会や演奏会の模様を動画にして、YouTubeで公開している教室やオーケストラが結構あります。
しかし、それってセキュリティはどうなんでしょうか? 動画が流出する恐れはないのでしょうか?
Youtubeは、他人の動画ファイル(音声ファイル)をダウンロードする機能を提供していません。建前上、視聴者が勝手に他人の動画をダウンロードできないことになっています。
しかしじつは、ある種のアプリやダウンロードサイトを利用すれば、ダウンロードできてしまうのです。

ダウンロードされた動画が勝手に使われることもある

他人の動画(音声)ファイルのダウンロードはルール違反かと問われると、「無断ダウンロード禁止」と明記しない限り、ルール違反とは言い切れないと思います。とくに、個人的に視聴するためと主張されると、「著作権法」違反を問うのはむずかしいかもしれません。
そもそもなぜ動画をダウンロードするかというと、YouTube などが行っているストリーミング方式という動画配信システムでは、スマートフォンなどでは、快適に視聴できないという問題があるからです。スマホで見ると、動画がカクカクして、途切れ途切れになるということがよく起こります。これは、通信回線が細かったりするためで、転送されてくるパケット(動画データ)が途中で落ちてしまうためです。さらにストリーミング方式では、再生後のデータは残らないので、繰り返し同じ動画を見ようとすると、また、同じバケットが転送され、そのたびにパケット料金がかかってくるのです。つまりスマホでYouTube動画を見ると、品質が悪いうえにお金もかかるのです。
こうした不具合のために、スマホユーザーは、全パケットをいったんスマホ内部にダウンロードし、ダウンロードした動画を再生するという方法を好みます。

ここで話が終われば、合法かもしれません。
違法なのは、ダウンロードしたファイルを無断でアップロードしたり、他人に渡したりするような場合です。
しかもその事実を権利者自身が把握し、告発しないと、違法行為をやめさせることはできません。
そしてたとえ、その時点で違法行為をやめさせられたとしても、すでに流出したデータを取り戻すことはできません。
実際、インターネットではプライベートの動画が拡散して、晒される事態があちこちで起こっています。

つまり、動画が流出してからでは遅いのです。
ダウンロードが必要な人は、動画発信者がちゃんと許可してダウンロードできる場所(アーカイブ)を指定する。それ以外の人が勝手にダウンロードするのを阻止する仕組みが必要です。

無断ダウンロードを阻止する方法

勝手にダウンロードするのを阻止するにはどうしたらいいのでしょうか?

YouTubeユーザーの中には、動画の前後にクレジットを付け、権利の所在を明記している人もいます。
これは大事なことですが、クレジットを削除したり、書き換えたりすれば、悪用されても、自分の動画であると主張することすらむずかしくなります。
クレジットを付けるだけでは、無断ダウンロードを防ぐ手立てとはなりません。

じつは、技術的にセキュリティを強化すれば、無断タウンロードをかなりの程度阻止することができます。
ただし、セキュリティを強化するため、自分の管理権限の及ぶホームページ領域に動画をおく必要があります。
つまり、YouTubeを離れて、自分のホームページ領域内に、セキュリティの高いアーカイブと動画発信ページを構築するのです。

具体的には、ダウンロードを許可する人は、パスワードの付いたアーカイプに誘導し、動画ファイルをダウンロードしてもらいます。
一般の人は、動画発信ページでストリーミング方式で動画を視聴してもらいます。動画発信ページにはダウンロード機能は付けません。
さらに、動画発信ページでは、動画のリンク先がわからないようにします。
また万一、動画のリンク先がわかったとしても、ダウンロードできないように、セキュリティを上げます。

自分のホームページから動画を発信するメリット

上記のような動画発信ページを作るにはそれなりの技術が必要で、コストがかかってしまいますが、動画発信ページには無断ダウンロードを防ぐ以上のメリットがあります。

1. 検索結果が優位になる

Google検索では、動画ページはその動画のサムネイル画像が検索結果として掲載されます。これは動画検索だけではなく、一般によく使われる「すべて」の検索においてもそうです。ですから、特定のキーワードでトップにならなくても、トップ以上に目立つのです。
また、適切にSEOを施せば、動画ページは検索結果順位が上がりやすいとも言われています。

2. 申込ページへ誘導しやすい

動画発信ページはホームページの一環としてデザインすることができます。ですから、動画発信ページにお問い合わせページや無料レッスン申込ページへのボタンがあっても不自然ではなく、動画を見て、動画を見て、やる気になった人を受け止めていくことができます。

3. 実績を動画として蓄積できる

YouTubeの場合、関連動画として、似たような他人の動画が前後に配置され、どうしても見比べられてしまいます。
自分のホームページならば、そうしたことはありません。
また、動画を蓄積することで、バラエティや進化を示すことができます。

まとめ

YouTubeで動画を公開すると、ダウンロードされ、悪用される危険があります。そのした事態を防ぐには、自分の管理権限の及ぶホームページ領域にセキュリティの高いアーカイブと動画発信ページを作り、ダウンロードを許可する人はアーカイブへ、それ以外の一般の人は動画発信ページへ、誘導する--という仕組みを作ることが有効です。
ホームページ内に、動画発信ページを作ると、無断ダウンロード以外にも、検索結果が優位になるなど、メリットがあります。

Pocket

コメント (2件)

  1. YouTubeで動画を公開すると、ダウンロードされ、悪用される危険があります。そのした事態を防ぐには、自分の管理権限の及ぶホームページ領域にセキュリティの高いアーカイブと動画発信ページを作り、ダウンロードを許可する人はアーカイブへ、それ以外の一般の人は動画発信ページへ、誘導する–という仕組みを作ることが有効です。
    ホームページ内に、動画発信ページを作ると、無断ダウンロード以外にも、検索結果が優位になるなど、メリットがあります。

    このやり方を知りたいのですが。

  2. うちださん、ご質問、ありがとうございます。
    このサイトは習い事教室を経営されている人向けに、サイトの構築指示や運営をどうすればいいのかという観点からブログを書いています。なので、生徒はダウンロードでき、一般の人はダメという仕様が前提です。
    生徒のためにダウンロード機能の付いた会員サイト(アーカイブ)を構築し、一般の人のアクセスを拒否します。そしてファイルへのホットリンクを禁じます。
    たとえ、ファイルへのパスがわかったとしても、ダウンロードサイトで落とすことはできないでしょう。もっと厳格にしたいのなら、ストリーミングサーバを使うという手もあります。

Yoriko Tsuda にコメントする コメントをキャンセル